【マッサージの種類】リンパドレナージュ

世界中で大人気のマッサージには、様々な種類があります。

『発祥はどこ?どんな特徴があるの?マッサージ効果は何?』

・・・という疑問を解消する為に、ご用意したBlogページです。

【当店のマッサージメニュー】ではありませんので、ご注意下さい。

当店のメニューはこちらをご覧下さい。

 

 

 

【リンパドレナージュ】とは

 

【リンパドレナージュ】は、

【リンパ液】の流れを活性化して、

体内に留まる【老廃物】や【有害な物質】を

体外に排出する機能を促すもの。

 

 

 【リンパ管】は、

【体表】近くにある【細い管】なので、

ソフトな「タッチ」でゆっくりと

【リンパ】の流れに沿って【マッサージ】していくことで、

滞っている【リンパ液】をスムーズに流していきます。

 

 

【リンパドレナージュ】の特徴

非常に軽い「タッチ」

ゆっくりとした「リズム」

🔽動画

 

 

【リンパ管】の働き

 

【血管】と同様に、

【リンパ管】が【全身】に広がっています。

 

【リンパ管】は、

【静脈】に取り込まれなかった「余った老廃物」を、

代わって運搬する働きをもっています。

 

そして【老廃物】をきれいにしながら、

再び【静脈】に戻します。

 

また【細菌】などから体を守る

「免疫機能の働き」もあります。

 

【リンパ管】の途中にある【リンパ節】が、

フィルターとなって【細菌】や【異物】を取り除き、

【風邪】や【病気】にならないようにしています。

 

【リンパ節】は、

【全身】に【800箇所】以上ある

・・・と言われていますが、中でも

✔【首】

✔【鎖骨付近】

✔【脇の下】

✔【足の付け根】

✔【膝の裏】

・・・には重要な【リンパ節】があります。

 

🔽カナダ公認:リンパ節を刺激

 

「リンパ液が滞る」原因

【運動不足】 【リンパ液】は【リンパ管】をとりまく【筋肉】や【血管】の動きで流されているため、動かないと滞り「浮腫み」の原因となります。
【ストレス】 【ストレス】の影響を受けやすい【自律神経】は、【血液の流れ】をコントロールしているので、【ストレス】により【血管】や【筋肉】が収縮して【リンパ液】が滞ります。
【冷え】 体が「冷える」と、【血液の流れ】が悪いため、【リンパ液】の流れも悪くまります。

 

 

【リンパドレナージュ】の歴史

 

【リンパドレナージュ】は、

【1930年代】フランスの

【エミール・ヴォッダー博士】によって考案されました。

 

正式名は、

【DR.VODDER MANUELLE LYMPHDRAINAGE】

(ヴォッダー式マニュアル・リンパ・ドレナージュ~)

(略してMLD)と言います。

※【リンパドレナージュ】は、

フランス語で【リンパ排出法】という意味です。

 

現在では、

【病気の治療】から【美容】目的まで、

様々な手法があります。

 

 

 病気の治療:リンパ浮腫

 

「リンパ浮腫」とは、

【リンパ液】の流れが滞ることで

回収されなかった「リンパ液」がドンドン溜まってしまい、

過剰に浮腫んだ状態の事。

 

免疫機能の低下により

「感染症・炎症」を引き起こしやすくなります。

 

「難治性・進行性」の病気で、

早期の治療が大切です。

 

 

以下の2種類に分類されます。

✅「先天性・原因不明:原発性リンパ浮腫」

例)先天性:もともとリンパ管の機能が弱い

✅「続発性のもの:二次性リンパ浮腫」

例)癌治療によるリンパ浮腫

例)熱帯地域:フィラリア感染によるリンパ浮腫

 

 

主に「癌患者」が、

✔「リンパ節を切除」したり、

✔「放射線治療のダメージ」で発症した

「リンパ浮腫」の改善に、

「医療用リンパドレナージュ」が用いられています。

【乳癌の治療後】

「腕に溜まったリンパ液」を「脇の下」へ送る

【子宮癌・卵巣癌・前立腺癌の治療後】

「脚に溜まったリンパ液」を「足の付け根(鼡径部)」へ送る

 

🔽リンパ科クリニック:治療風景

 

美容目的

🔽リンパマッサージ:FACE

🔽リンパマッサージ:BODY

 

関連記事

  1. 【マッサージの種類】ホットストーンマッサージ(ホットストーン…

  2. 【マッサージの種類】バリ式マッサージ:Balinese Ma…

  3. 【マッサージの種類】タイ古式マッサージ

  4. 【マッサージの種類】按摩について

  5. 【マッサージの種類】バンブーマッサージ(Bamboo Mas…