【PNF】(固有受容性神経筋促通法)

HOME > 【各国の手技療法】【各国の民間療法】 >【PNF】

 

【各国の手技療法】【各国の民間療法】をご紹介します。

【当店のマッサージメニュー】ではありませんので、ご了承下さい。

当店のメニューはこちらをご覧下さい。

 

 

【PNF】とは?

 

【PNF】(固有受容性神経筋促通法)とは、

「proprioceptive neuromuscular facilitatio」の略称です。

 

【1940年代に【アメリカで

【Harman Kabat M.D】

【 Margaret Knott R.P.T.】

【Dorothy E. Voss R.P.T.】

・・・らによって発表されました。

 

【脳血管障害】などで、

日常動作が不自由になった方々の

【リハビリ】に用いられている治療法です。

 

【感覚受容器】を刺激することによって、

「神経や筋の働き」や「関節の動き」を高めます。

現在では【スポーツ】にも活用されています。

 

【感覚受容器】が存在する場所

 

【皮膚】

【体内器官】

【筋】や【腱】

【関節】

【視覚】や【聴覚】など

 

【感覚受容器】に与える代表的な刺激

 

【触覚刺激】

【皮膚】に圧を加える。

【聴覚刺激】

【声】のトーンを変え、言葉によって刺激します。

【視覚刺激】

『動き』を【目】で追わせる。

【抵抗】

 

【牽引】【圧縮】

【関節】を【牽引】【圧縮】する。

【伸張】

【筋】を伸ばす。

 

【PNFストレッチ】とは?

 

【PNFストレッチ】は、

「筋肉の柔軟性」と同時に「筋力を鍛える」事ができます。

 

【筋肉】に刺激を与えて【収縮】させる。

【収縮】した【筋肉】を

【ストレッチ】によって【伸展】させる。

【1】〜【2】を繰り返す

 

繰り返し行う事で、

【運動系の神経】が刺激されて、

【神経】を末端まで通わせることができます。

 

同時に【運動能力】も高まります。

 

【スポーツ】の現場でも・・・


【筋肉】を鍛えても、

【筋肉】に動きを指示する【神経】を鍛えなければ、

パフォーマンスの向上が得られません。

 

【筋肉】だけを鍛えるのではなく

【神経】を鍛えるには・・・

「動きをトレーニング」する事が大切です。

 

【PNF】の特徴

 

「対角線上の動き」「螺旋状の動き」を重視する。

「抵抗をかける」事は、機能を高めるために重要。

持続して集中的な治療を行うと、最大の効果が得られる。

 

 

 

 

 

 

出張マッサージのお店 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可


 

コース・料金

 

 

 

 

出張地域

予約

マッサージの種類

各国の手技療法

各国の健康法

各国の食習慣

各国の美容法