腰痛(ギックリ腰・腰が痛くてかがめない・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症)

HOME > 症状 >腰痛(ギックリ腰・腰が痛くてかがめない・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症)

 

 

 

【腰痛】について

 

【腰痛】の原因

【腰痛】の原因には、大きく以下のように分ける事ができます。

【筋肉】

【筋肉】や【靭帯】が原因。

【骨】

【骨の変形】など【構造上の問題】

例)【腰椎すべり症】【脊柱管狭窄症】

【内臓】

【内臓のトラブル】が原因で【腰】に放散痛が起こります。

 

 

【腰の痛み】が長引く要因

 

【脳】や【脊髄】が、【痛み】を記憶してしまう

【痛み】を伝える【神経】のトラブル

【姿勢】が悪い

【筋肉】が硬くなっている

 

 

【筋肉の凝り】が痛みを起こすメカニズム

 

【筋肉が凝る】と、

【筋肉】の中の「血管が圧迫」されて、【血流】が悪くなります。

 

【血液】は、【酸素】や【栄養】を全身に行き渡らせる役割があるので、

「血液循環が低下する」と、【酸素】や【栄養】が不足してしまい、

【痛み物質(乳酸etc.・・・)】が発生します。

 

【痛み物質】は、【知覚神経(痛みを感じる神経)】を刺激し、

その痛みが【脳に伝達】されます。

 

その為、【筋肉の凝り】により、【痛み】を感じてしまうのです。

 

また【痛み】は、【交感神経(血管を縮める作用)】や

【運動神経(筋肉の緊張を強める作用)】を緊張させるので、

更に【筋肉の凝り】が増します。

 

その結果、「凝りの痛みが痛みを生み出す」

という【痛みの悪循環】が発生してしまうのです。

 

 

 

【女性の腰痛】

 

【女性】は【男性】に比べて【腰痛】を起こしやすい!!

 

【骨盤の形】

【女性の骨盤】は・・・

【男性】に比べて【扁平】で【幅広く】なっています。


この構造は、【妊娠】【分娩】には適していますが、

【歩く】時に【腰の筋肉】や【靭帯】に

【ストレス】がかかりやすく、【腰痛】の原因となります。

【骨盤の中】

【女性の骨盤】の中にある【臓器の構造】は、

【男性】に比べて複雑です。

 

その為、【充血】【うっ血】【リンパ節の腫脹】など

が起こり易くなります。


色々な【筋肉】や【靭帯】の働きにより、

それそれの【内臓器】を

【所定の位置】にキープしています。

 

トラブルが発生し【キープする力】が衰えてしまうと、

【子宮後屈】や【子宮脱】などが発生し、

【腰痛の原因】となります。

【尿道の長さ】

【女性の尿道】は、【男性】に比べて【短い】為、

【上行感染】を起こしやすくなります。


【炎症】は、【子宮】から【周囲】へと、

広がりやすく【腰痛の原因】となります。

【性周期】

【女性】には【性周期】があります。


このことに起因して・・・

【月経困難症】【子宮内膜症】などを発症し、

【腰】が痛くなります。

 

【妊娠】【分娩】【産褥】に伴う、

【子宮】【骨盤諸関節】【筋肉】【靭帯】などの変化は、

すべて【腰痛の原因】になります。

 

 

 

 

【医師】腰痛に対する治療

 

【腰痛】の治療

 

【神経ブロック】

【局所麻酔剤】を注入する事で、【痛み】が

「脊髄を介して脳に伝達される」のを防ぎます。

 

 

 

 

【腰椎すべり症】

 

【腰椎すべり症】とは?

 

【背骨】は、【骨(椎骨)】がいくつも連なって形成されています。

 

【すべり症】とは・・・

上にある【椎骨(腰椎)】が、下にある【椎骨(腰椎)】よりも

前にずれてしまい、【神経】を【圧迫】してしまう病気です。

 

【腰椎すべり症】の症状

 

【脚】がしびれる

【腰】が痛い

 

【腰椎すべり症】の治療

 

【手術】

【腰椎固定術】

 

 

 

 

【脊柱管狭窄症】について

 

【脊柱管狭窄症】とは?

 

【背骨】の中にある穴を【脊柱管】と言います。

 

【脊柱管】は、「神経の通り道」で【脊髄】が通るっています。

 

【脊柱管】は、神経の周りに「充分な隙間」があるのですが、

【年齢】とともに【骨の変形】や【靭帯が肥厚】してくると、

「神経が圧迫」されてしまい、「腰から足にかけて痛みや痺れ」が生じます。

 

【医師】脊柱管狭窄症の診断

 

【問診】

「症状がいつ頃からどのように起こったか?」

「どういう時にツライのか?」

例)立ったり歩いたりすると痛みが強いけど、シャガムと楽になる。

【理学的検査】

【姿勢や歩き方】【足の筋肉】【感覚】などをチェック!!

【画像検査】

【X線】や【MRI】によって、「神経の圧迫具合」をチェックします。

 

 

【医師】脊柱管狭窄症の治療

【運動療法】

「症状がいつ頃からどのように起こったか?」

「どういう時にツライのか?」

【腰の周りの筋肉】を強くして、腰の負担を減らします。

【薬物療法】

【鎮痛剤】【腰の神経の血流アップ】

【理学療法】

【コルセット】【腰を温める】【腰の牽引】

【神経ブロック】

【麻酔】を打って【神経の痛み】をとる

【手術】

 

 

 

【神経ブロック】とは?

【硬膜外ブロック】

【腰の後ろ】または【お尻】の方から【神経の周り【】に針を刺す方法。外来で可能。

【神経根ブロック】

「痛みが非常に強い!」または「痛みが限局的」な場合は、神経の枝に直接針を刺す。

 

 

 

 

 

【指圧】腰痛の対処

 

【腰痛】の原因をチェック

「次のどちらの原因なのか?」を見極める必要があります。

【骨の問題】

【背骨の腰の辺り】や【骨盤】など・・・

【骨の関節】の炎症によって【腰が痛い】のか?

【筋肉の問題】

【腰】や【お尻】の辺りにある【筋肉】の問題なのか?

 

様々な原因により、【筋肉が硬く】なると、

【筋肉】の間を通る【神経】や【血管】を

締め付けてしまうので、

【凝り】【不快感】【痛み】【痺れ】など

を引き起こしてしまいます。

 

また、【筋肉に傷】が出来てしまい、

【痛み】を引き起こしている場合もあります。

 

 

【腰痛】指圧で対応します♪

 

【指圧】は・・・

「筋肉を表面から刺激する」事で、

【体の反射の作用】を利用して、

【硬くなってしまった筋肉】をやわらげ、【痛み】を緩和させます。

 

【痛み】の為に、反応として現れた【筋肉の凝り】

【痛み】により【姿勢】が崩れてしまい、負担がかかっている特定の筋肉

【症状】の原因となっている【筋肉】

などを意識しながら、

【症状の解消】に効果的な【ツボ刺激】を行います。

【腰痛】指圧の目的

 

【筋肉を柔らげる】

【腰の筋肉】を緩め、

【腰の痛み】を緩和させる目的で、

【ツボ】や【体の反応】をチェックしながら、

【お腹】【背中】【お尻】【脚】などに

【指圧】を行います。

【血流up】

「痛みを感じる物質」がいつまでも漂っていると、

【痛み】がなかなか消えません。

 

【指圧】で【血行】を促し、

【痛み物質】を追い出します。

 

 

 

 

出張マッサージのお店 ジャスミン

 

営業日

【火曜日】〜【土曜日】

定休日

【日曜】【月曜】【祝日】

営業時間

【10時】〜【20時】

【20時スタート】まで承っておりますが、予約の受付は【19時まで】となっております。


予約

090-6309-9168

 

移動中・施術中は電話にでる事ができません。折り返し連絡致しますので、メッセージをお願い致します。

 

【当日】のご予約は【電話】でお願い致します。

【ショートメール】受信不可


 

コース・料金

 

 

 

 

出張地域

予約

マッサージの種類

各国の手技療法

各国の健康法

各国の食習慣

各国の美容法